宝石を吐く病

鶴多は喉からぽろぽろと宝石が出てくる病気です。進行すると一日を殆ど眠って過ごすようになります。愛する者の涙が薬になります。 shindanmaker.com/339665


鶴多くん「儺禍嶌殿ー!見てくださいこの宝石の類いを!」

儺禍嶌くん「なに!?こんなにたくさん!どうした!飴玉じゃねーの!?」

鶴多くん「違いますよ!これ全て本物の宝石です!」

儺禍嶌くん「おっほ、マジである!本物ではないか……!?いったい何処で!?」

鶴多くん「ええ、今朝からなんか喉の辺りに違和感を覚えまして痰を出す勢いで息んでみたところこれらが出てきたのです!」

儺禍嶌くん「あほかーー!きったねぇな!!ペレット(ふくろうの吐瀉物)かい!!」

鶴多「でもその辺うまく誤魔化して売ってしまえばいいんですよ、バレませんて」

儺禍嶌くん「まあそれもそうであるが…」

鶴多「あ、また出そうです…カーッペ!!(カランカラーン)」

儺禍嶌くん「汚ねえー!わかったから小生の見てないところでやれ!」

《その後、鶴多くんから取れた宝石を売りに流す儺禍嶌くん》

鑑定士「で、これらは何処で採れたものですか?」

儺禍嶌くん「…………機密事項である。」

鑑定士「ま、まさか汚い術で入手した代物だとでも……!」

儺禍嶌くん「(その通りといえばその通りなんだよなぁ……)」

売買ルートを確保した儺禍嶌くん

儺禍嶌くん「何とか買い手はついたのである。次の分も出して置くように」

鶴多「それが最近めっちゃ眠いのでロートこども目薬さしたら出なくなりました、すみません」

儺禍嶌くん「はあ!?もう前金を貰ってるのだが!?」

その後似た宝石を探し回り結局儲けは±ゼロになったのだった

上ヘ戻ル