メイドに背中を流して欲しい鶴多

儺禍嶌くん「なに?メイドに背中を流して欲しいだと?うちに一人活きの良いメイドが一人いるのである」

鶴多「えっそれは本当ですか儺禍嶌殿!」

蝋ヶ暮さん「《おじぎをする》」

鶴多「《顔を覆う》」

蝋ヶ暮さん「何を期待していたかは存じ上げませんが、少なくともそう都合よく物事は運ばれはしないということを申し上げておきます。」 《腕まくりしつつ垢すりタオルをもちながら》

鶴多「だって儺禍嶌殿っ儺禍嶌殿なら僕が言いたかったことわかりますよねっ!絶対わかってますよね!?ナカジマどのーーーーー!あ゛ーーーーーっ!!!」

儺禍嶌くん「ふははwwwなんのことやらであるなあ!暫く風呂に入っていないというのだから洗いがいがありそうだとは思うぞ!」

上ヘ戻ル