身だしなみ

スポンサーリンク

儺禍嶌くん「きっさま!また髪の毛がぼっさぼさではないか!リスに毛づくろいの方法でも教わってくるのである!」

鶴多は髪の毛をどうにかしようと考えた。
だが、撫で付けても撫で付けてもハネる髪に早々に打つ手がなくなり、蝋ヶ暮さんに遠回しにお手入れ方法を聞きに行ったのだ。

そうして鶴多はきっちりかっちり固めてもらったのだった。


タイトルとURLをコピーしました