儺禍嶌くんと鶴多とファストフード

スポンサーリンク

鶴多「儺禍嶌殿、もう一つよろしいですか?」

儺禍嶌くん「貴様は食べ物に関しては本当に遠慮がないのである…ん?これ幾つ目だったであるか?」

儺禍嶌くん「此奴…わんこそばの感覚で食いやがるのであるッ…!」

タイトルとURLをコピーしました